Tel:06-6552-7373

会社沿革

  沿革
1939年
(昭和14年)
大阪市大正区大正通り1丁目児島電機製作所を創立 陸舶制御器、抵抗器、製造修理の専門メーカーとして発足
1940年
(昭和15年)
大阪市大正区三軒家西3丁目に全てを移転
1954年
(昭和29年)
個人経営事業を継承児島電機株式会社を設立 陸舶用配電盤、制御盤、変換器、開閉器の製造販売を開始
1961年
(昭和36年)
児島勳社長 就任
1962年
(昭和37年)
集電装置の製作を開始
1964年
(昭和39年)
鋳鉄製に変わる縦巻きリボン抵抗体を開発 福岡市清水4丁目に九州連絡所を開設 各炭鉱電鉄関係サービス事業を開始
1965年
(昭和40年)
巻取機(ケーブルリール)、制動機の製作を開始
1971年
(昭和46年)
本社工場を電気部工場、機電部工場に2分する
1972年
(昭和47年)
計装関係の製造販売を開始
1980年
(昭和55年)
資本金200万円に増資
1985年
(昭和60年)
資本金800万円に増資 大阪市大正区北恩加島1丁目に本社及び新工場竣工移転
1988年
(昭和63年)
板金の社内製作開始 ((株)ナショナル製作所を新設・板金用NC工作機械導入) 事務所、 設計室を新設
1991年
(平成3年)
児島満社長 就任
1992年
(平成4年)
資本金1000万円に増資する 電気工事業の認可を受ける
2002年
(平成14年)
新資材調達管理システム(TECHS)の導入 新品質管理マニュアル(KDK QMSマニュアル)の制定
2003年
(平成15年)
大阪府品質管理推進企業認定取得 (株)ナショナル製作所(板金)を吸収、児島電機(株)製造部へ 三菱重工業(株)高砂製作所 品質認定取得 計装製作開始
2005年
(平成17年)
大阪市の助成を受け、リハビリ実習用ロボットの開発に着手 三菱重工業(株)神戸造船所、原子力用板金品質協定取得 第二工場(大正区北恩加島)増設
2010年
(平成22年)
70周年記念事業として、営業事務所にアクアリウムを設置
2014年
(平成26年)
第二工場新設(大阪市大正区南恩加島)板金部門異動

お問合せ窓口

〒551-0033
大阪府大阪市大正区北恩加島1丁目17番30号
TEL:(06)6552-7373
FAX:(06)6553-0227


詳細を見る

↑ PAGE TOP